ブログトップ

「季節の移ろいと旅空の雲」を訪ねて

tabinokumo.exblog.jp

「旅空の雲」のブログへようこそ!   tabizoranokumo@excite.co.jp

カテゴリ:ドイツ( 5 )

f0182571_19524623.jpg

f0182571_19354844.jpg
f0182571_1936249.jpg
f0182571_19361739.jpg
f0182571_19363493.jpg
f0182571_19364945.jpg
f0182571_1937218.jpg

ライン川の両岸には,思わず「夥しい!」と表現したくなるほど数多くの様々なお城が聳えています。いずれのお城もライン川を航行する船から通行料を徴収するための目的で築かれたもので,見張り台を兼ねています。 まさに「群雄割拠」です。  ヨーロッパの大動脈としての役割を担い,豊かな経済を支え続けたライン川の悠久の流れは幾星霜の歴史を重ねた今も変わることなく続いています。                                                             (2005.夏)

追加画像(2010.6.22)
f0182571_9195146.gif
f0182571_920347.gif
f0182571_9201289.gif

f0182571_9202641.gif

f0182571_9203987.gif

(Reflet)
[PR]
by tabizoranokumo | 2008-12-09 20:00 | ドイツ
f0182571_1881613.jpg

                               リューデスハイム(2005.夏)  
[PR]
by tabizoranokumo | 2008-10-04 19:00 | ドイツ
f0182571_11283279.jpg

                                         (2005.夏)
[PR]
by tabizoranokumo | 2008-09-27 19:10 | ドイツ
f0182571_16463689.jpg2005年の夏にドイツの小さな村を訪れたことがありました。
訪れた日は,偶然にもこの村を救った一人の少女を讃える中世の夏祭りでした。
時代は中世 村々を焼き払いながら進軍するスウェーデンの軍隊が,ついにこの村にもやってきました。
村が焼け野原になってしまうということを知った一人の少女が,村を救いたい一念で,既に覚悟を決めてしまった大人たちの制止を振り切ってスウェーデン軍の隊長のもとに走り寄りました。
「私の育った平和な村を焼かないでください。村には平和を愛する人達しか暮していません。どうか助けてください。」   この勇気ある少女の願いは,スウェーデン軍の隊長達の心を動かし,軍隊は何もせずに村から撤退をしてしまったのでした。
村人は救われ,村には再び平和が訪れるようになりました。
村人達は,村を救ってくれた,勇気あるこの少女に感謝の気持ちをを捧げるために,そして,いつまでもこの少女を忘れないために,毎年,この時期に中世当時のいでたちをして感謝のお祭りを続けています。
今もお祭りの主役は村の子供達  このお祭りでは,どんな大人でも脇役でしかありません。
そんなお祭り見物の途中に写真の主に出会いました。
私のカメラを見て,立ち止まってくれました。いい顔立ちをしていました。完璧なまでにゲルマンの勇士になりきっていました。村人達のこのお祭りにかける意気込みが伝わってくるようでした。
旅先での偶然の出会いほど素晴らしい出会いはありません!
そのように感ぜずにはいられないほど素晴らしいお祭りであり,人との出会いでありました。

f0182571_14144481.jpg

f0182571_1415530.jpg
f0182571_14152250.jpg








                           
[PR]
by tabizoranokumo | 2008-09-19 21:30 | ドイツ
f0182571_10331865.jpg

                                                  ローテンブルク(2005.夏)

f0182571_14183321.jpg

f0182571_10334767.jpg

                                           ノイシュヴァンシュタイン城(2005.夏)
[PR]
by tabizoranokumo | 2008-09-19 21:20 | ドイツ